山苔 アラハシラガゴケ 粗葉白髪苔

苔マーク  

 おかげさまでモスプランは2月26日に40年目を迎えました  
シノブゴケ 忍苔
有限会社モス・プランはおかげさまで創業30年を迎えました。1981年創業 Foundation of Moss Plan is 1981.
苔図鑑へのリンク 苔図鑑へのリンク Moss pictorial book
苔図鑑へのリンク 苔の植え付けと管理 A transplant and management of a moss plant モス・プランの通販商品一覧と出荷状況
苔図鑑へのリンク 苔と自然の写真集 Moss and a natural photograph collection
ハイゴケ コケのクローズアップ画像集です 現在更新中
苔散策・街散歩・フォト散歩 雨上がりには、街の中でも葉をいっぱいに広げた苔がみつかります。そんな道ばたの苔を探して苔散歩に出かけました。A moss walk and town walk   Travel in Japan 特定商取引法に基づくモスプランの表示 通販の送料やBB通販会員、ファックス、メール注文、電話注文の手順など
ハイゴケ 苔園芸・苔図鑑、雑誌記事などのご案内 The books of moss horticulture are guided 在庫の確認と見積もり依頼のお問い合わせフォームです
    東武日光駅は1979年に現行のアルペン風に改築。2020年10月より日光駅を発着するSL大樹「ふたら」の営業運転も始まります。改修以前の木造駅舎の画像もアップしました。その駅前広場にはかつて日光市街の山道のような勾配を走っていた日光軌道線の100形が2020年より展示されています。JR日光駅は日本最古の木造駅舎 日光駅を散策します     
    佐賀タウン フォト散歩 苔散策 JR佐賀駅北口のロータリーには縮尺1/6の「佐賀藩の反射炉」モニュメントが鎮座しています。佐賀藩は嘉永3年(1850)に西洋式反射炉を日本で最初に築造。ペリー来航(1853)であわてた幕府は当時最も技術力があった佐賀藩に大砲200門の鋳造を依頼し、この大任を果たします。JR佐賀駅から長崎街道佐賀宿周辺、柳町通りの佐賀市歴史民俗館、佐嘉神社、松原神社周辺を散策します     
    <SPAN style="color: rgb(0, 0, 0);">日光植物園の正式名称は「東京大学大学院理学系研究科附属植物園 日光分園」。<span style="color: rgb(0, 0, 0);">本園</span>は東京の小石川植物園で、高山植物の教育研究を目的として明治35年に日光分園を開設。明治44年に旧田母沢御用邸に隣接する現在地に移設されます。 </SPAN>このあたりの海抜は650mと高山としては低地帯に近くさほど高くありませんが、日光は寒冷地なので、園内には日本の高山ならびに温帯から亜寒帯に生育する多くの種が集められ、 自生のものも含めると2,200種以上もの植物が日光の市街地で見ることができます    
    佐賀のまちかど恵比須のHPによると、佐賀は恵比須さんの数が日本一だそうで、家の軒先や街かどに恵比須像が祀られています。     
    佐賀の冬は暖かく、大寒のころでも綺麗なコケを撮ることができました。佐賀駅北口、佐賀市歴史民俗館・旧古賀家庭園、武雄温泉の御船山楽園、伊万里大川内山、有徳稲荷の階段参道の岩垣など<br>     
    佐賀市歴史民俗館の旧古賀家は、古賀銀行を創設した古賀善平の住宅として1884(明治17)年に建てられました。入母屋造の屋根を備えた旧古賀家は、武家屋敷の様式を踏襲しているとも言われます。玄関脇の庭門をくぐるとすぐに枯山水庭園があり、西側に茶室、建物の奥には煉瓦塀に囲まれた築山石庭を見学できます。長崎街道を挟んで旧森永家と旧牛島家の建物があり、その蔵周辺の飛び石や植栽は美しく整備されています。旧古賀家、旧森永家、旧牛島家のお庭を散策します。     
    柴又駅・京成電鉄金町線・フーテンの寅像・見送るさくら像・子育地蔵 おりつ地蔵尊〜帝釈天参道・柴又観光案内所・柴又ハイカラ横丁・柴又のおもちゃ博物館〜柴又街道・帝釈天参道交差点・えびす家・だるまや〜船橋屋・高木屋老舗・大和家・立花屋煎餅店・とらや・やぶ忠・亀家本舗〜帝釈天・経栄山題経寺・二天門・瑞龍のマツ・帝釈堂、本堂、釈迦堂、大客殿〜山本亭庭園・長屋門・柴又公園・寅さん記念館・山田洋次ミュージアム     
    塩田津は有明海の干満による遡流を利用し発展した川港であり、旧長崎街道の宿場町。天草で採れる最高級の「天草陶石」は船で、有明海から7kmほど内陸の塩田津へ運び、ここから陸路で有田や伊万里、波佐見へと運ぶ物流の中継地として発展しました。江戸時代初期の長崎街道は塩田より嬉野へと向かう塩田道が本道でしたが、塩田川の度重なる氾濫により通行できないことも多く、1705年(宝永2年)に武雄温泉として賑わっていた塚崎道が作られ、こちらが本道になります。しかし塩田津が交通の要衝であることは変わらず、蓮池藩の飛び地である西目統治の拠点として、また九州セラミック街道の起点として栄えます。街道沿いの重厚な商家の町並みや、当時の面影を今も見ることができます。 旧塩田川・浦田川・塩田港跡・旧長崎街道〜塩田津町並み集会所・町並み案内所〜円田家土蔵・吉富鮮魚店・筒井製麺立喰庵〜立伝寺・ひろせ屋・鬼ア家・下村家・生蓮寺・ASHITAO〜本応寺・江口家・御蔵馬場・蓮池藩御蔵・御蔵の井戸・御蔵浜〜ピュイ ダムール・松尾家・梅屋旅館・小菊屋〜西岡家住宅・杉光陶器店(居蔵家)・小柳・田ア家(本釜屋)・吉富家    
    佐賀藩は皿山代官所と主要路に番所を設け、磁器生産技術が他領に漏れるのを厳しく監視しました。その一方で、有田皿山の陶業を手厚く保護し隆盛を極めました。  有田駅・JR佐世保線・松浦鉄道〜大木有田線・外尾神社(ほかお)・有田町東庁舎・有田観光協会〜岩谷川内・岩中橋・下番所跡・八坂神社〜中野原橋・本陣跡・赤絵座・有田郵便局・金比羅社〜法元寺・香蘭社・上有田警察官駐在所〜札の辻・深川製磁・有田異人館・陶山神社(すえやまじんじゃ)〜明治夢庵・三空庵広場・トンバイ塀の裏通り・Yumeko &54brothers・上幸平〜泉山磁石場入口交差点・泉山六地蔵〜上有田駅・原田酒店・駅カフェSARAYAMA・丸兄・陶舗秀貞     
    墨田区立旧安田庭園は苔の群落が美しい大名庭園 寒い冬でも青々とした苔が見られるのは、温暖化の影響でしょうか 2月の大名庭園を苔散歩しました     
    朝の久留米寺町を散策し、苔庭の庭園を散歩します  久留米寺町・朝の苔庭散歩(福岡) 日吉神社・産霊宮(うみのみや)日吉村・明治通り〜順光寺・青木繁墓〜旧国武合名会社絣倉庫建物・岡たばこ店・sweets ある・しん吉〜昭和通り・螢川公園・心光寺・宗安寺・本泰寺山門〜真教寺庭園・浄顕寺庭園・西方寺六地蔵・誓行寺流庭園〜妙正寺・妙蓮寺・正覚寺庭園・千栄禅寺・妙善寺・善福寺・少林寺・医王寺〜遍照院庭園・高山彦九郎墓     
  5冊参考書籍を追加 2さつは販売前の書籍も含まれます     
    橋散策 柳橋・両国橋(東京・台東、中央、墨田) 都営浅草線・浅草橋駅・JR総武線・江戸通り〜篠塚稲荷神社・柳橋篠塚通り〜柳橋・神田川・屋形船あみ春・井筒屋・舟宿小松屋・佃煮柳橋小松屋・柳橋大川端通り〜隅田川テラス・靖国通り(京葉道路)・浜町河岸通り〜両国橋・隅田川・ももんじゃ  フォト散歩     
    日本三名城の熊本城は、慶長12年(1607年)に加藤清正が完成させ、地名も「熊本」と改めます。加藤氏が改易となったあとは、細川家の居城に。西南戦争の直前に天守が焼失しており、現在の天守は昭和35年に(1960年)に再建されたものです。2016年4月16日に熊本地震が発生し、築城以来最大の被害を受けたものの、天守が倒れることはありませんでした。熊本市ではまず天守を再建し、およそ20年かけて城全体を被災前の姿に戻す意向を表明しています。2019年10月5日から熊本城特別公開が日曜祝日限定でスタート。熊本城周辺は再建を応援したいと、多くの人で賑わっていました     
    久留米市街を挟んで東に西鉄久留米駅、2km離れて西にJR久留米駅があり、東西を昭和通りと明治通りで結ばれています。西鉄のある東町界隈には飲食店も多く、大通りを一本入ると昭和の面影を残す路地裏がみつかります。豚骨ラーメン発祥の久留米では、昭和28年創業の老舗とんこつラーメン店「大砲ラーメン」の本店を訪れました。 明治通り・日吉村・カトリック久留米教会〜一番街・ベルモール商店街・西鉄駅前商店街〜西鉄久留米駅〜五穀神社・大砲ラーメン本店〜東町交差点・エマックス・クルメ・西鉄久留米バスセンター〜一番街商店街・ワシントンホテルプラザ周辺     
 
 
山苔 ホソバオキナゴケ 細葉翁苔
コスギゴケ、コウヤノマンネンゴケ、カサゴケ ハイゴケ、ヒノキゴケ、カサゴケ