山苔 アラハシラガゴケ 粗葉白髪苔

苔マーク  

 おかげさまでモスプランは2月26日に40年目を迎えました  
シノブゴケ 忍苔
有限会社モス・プランはおかげさまで創業30年を迎えました。1981年創業 Foundation of Moss Plan is 1981.
苔図鑑へのリンク 苔図鑑へのリンク Moss pictorial book
苔図鑑へのリンク 苔の植え付けと管理 A transplant and management of a moss plant モス・プランの通販商品一覧と出荷状況
苔図鑑へのリンク 苔と自然の写真集 Moss and a natural photograph collection
ハイゴケ コケのクローズアップ画像集です 現在更新中
苔散策・街散歩・フォト散歩 雨上がりには、街の中でも葉をいっぱいに広げた苔がみつかります。そんな道ばたの苔を探して苔散歩に出かけました。A moss walk and town walk   Travel in Japan 特定商取引法に基づくモスプランの表示 通販の送料やBB通販会員、ファックス、メール注文、電話注文の手順など
ハイゴケ 苔園芸・苔図鑑、雑誌記事などのご案内 The books of moss horticulture are guided 在庫の確認と見積もり依頼のお問い合わせフォームです
    柴又駅・京成電鉄金町線・フーテンの寅像・見送るさくら像・子育地蔵 おりつ地蔵尊〜帝釈天参道・柴又観光案内所・柴又ハイカラ横丁・柴又のおもちゃ博物館〜柴又街道・帝釈天参道交差点・えびす家・だるまや〜船橋屋・高木屋老舗・大和家・立花屋煎餅店・とらや・やぶ忠・亀家本舗〜帝釈天・経栄山題経寺・二天門・瑞龍のマツ・帝釈堂、本堂、釈迦堂、大客殿〜山本亭庭園・長屋門・柴又公園・寅さん記念館・山田洋次ミュージアム     
    塩田津は有明海の干満による遡流を利用し発展した川港であり、旧長崎街道の宿場町。天草で採れる最高級の「天草陶石」は船で、有明海から7kmほど内陸の塩田津へ運び、ここから陸路で有田や伊万里、波佐見へと運ぶ物流の中継地として発展しました。江戸時代初期の長崎街道は塩田より嬉野へと向かう塩田道が本道でしたが、塩田川の度重なる氾濫により通行できないことも多く、1705年(宝永2年)に武雄温泉として賑わっていた塚崎道が作られ、こちらが本道になります。しかし塩田津が交通の要衝であることは変わらず、蓮池藩の飛び地である西目統治の拠点として、また九州セラミック街道の起点として栄えます。街道沿いの重厚な商家の町並みや、当時の面影を今も見ることができます。 旧塩田川・浦田川・塩田港跡・旧長崎街道〜塩田津町並み集会所・町並み案内所〜円田家土蔵・吉富鮮魚店・筒井製麺立喰庵〜立伝寺・ひろせ屋・鬼ア家・下村家・生蓮寺・ASHITAO〜本応寺・江口家・御蔵馬場・蓮池藩御蔵・御蔵の井戸・御蔵浜〜ピュイ ダムール・松尾家・梅屋旅館・小菊屋〜西岡家住宅・杉光陶器店(居蔵家)・小柳・田ア家(本釜屋)・吉富家    
    佐賀藩は皿山代官所と主要路に番所を設け、磁器生産技術が他領に漏れるのを厳しく監視しました。その一方で、有田皿山の陶業を手厚く保護し隆盛を極めました。  有田駅・JR佐世保線・松浦鉄道〜大木有田線・外尾神社(ほかお)・有田町東庁舎・有田観光協会〜岩谷川内・岩中橋・下番所跡・八坂神社〜中野原橋・本陣跡・赤絵座・有田郵便局・金比羅社〜法元寺・香蘭社・上有田警察官駐在所〜札の辻・深川製磁・有田異人館・陶山神社(すえやまじんじゃ)〜明治夢庵・三空庵広場・トンバイ塀の裏通り・Yumeko &54brothers・上幸平〜泉山磁石場入口交差点・泉山六地蔵〜上有田駅・原田酒店・駅カフェSARAYAMA・丸兄・陶舗秀貞     
    墨田区立旧安田庭園は苔の群落が美しい大名庭園 寒い冬でも青々とした苔が見られるのは、温暖化の影響でしょうか 2月の大名庭園を苔散歩しました     
    朝の久留米寺町を散策し、苔庭の庭園を散歩します  久留米寺町・朝の苔庭散歩(福岡) 日吉神社・産霊宮(うみのみや)日吉村・明治通り〜順光寺・青木繁墓〜旧国武合名会社絣倉庫建物・岡たばこ店・sweets ある・しん吉〜昭和通り・螢川公園・心光寺・宗安寺・本泰寺山門〜真教寺庭園・浄顕寺庭園・西方寺六地蔵・誓行寺流庭園〜妙正寺・妙蓮寺・正覚寺庭園・千栄禅寺・妙善寺・善福寺・少林寺・医王寺〜遍照院庭園・高山彦九郎墓     
  5冊参考書籍を追加 2さつは販売前の書籍も含まれます     
    山苔アラハが入荷しました 数量制限を緩和 Lパック10個 BOX商品販売再開しました モスプラン通販    
    橋散策 柳橋・両国橋(東京・台東、中央、墨田) 都営浅草線・浅草橋駅・JR総武線・江戸通り〜篠塚稲荷神社・柳橋篠塚通り〜柳橋・神田川・屋形船あみ春・井筒屋・舟宿小松屋・佃煮柳橋小松屋・柳橋大川端通り〜隅田川テラス・靖国通り(京葉道路)・浜町河岸通り〜両国橋・隅田川・ももんじゃ  フォト散歩     
    日本三名城の熊本城は、慶長12年(1607年)に加藤清正が完成させ、地名も「熊本」と改めます。加藤氏が改易となったあとは、細川家の居城に。西南戦争の直前に天守が焼失しており、現在の天守は昭和35年に(1960年)に再建されたものです。2016年4月16日に熊本地震が発生し、築城以来最大の被害を受けたものの、天守が倒れることはありませんでした。熊本市ではまず天守を再建し、およそ20年かけて城全体を被災前の姿に戻す意向を表明しています。2019年10月5日から熊本城特別公開が日曜祝日限定でスタート。熊本城周辺は再建を応援したいと、多くの人で賑わっていました     
    久留米市街を挟んで東に西鉄久留米駅、2km離れて西にJR久留米駅があり、東西を昭和通りと明治通りで結ばれています。西鉄のある東町界隈には飲食店も多く、大通りを一本入ると昭和の面影を残す路地裏がみつかります。豚骨ラーメン発祥の久留米では、昭和28年創業の老舗とんこつラーメン店「大砲ラーメン」の本店を訪れました。 明治通り・日吉村・カトリック久留米教会〜一番街・ベルモール商店街・西鉄駅前商店街〜西鉄久留米駅〜五穀神社・大砲ラーメン本店〜東町交差点・エマックス・クルメ・西鉄久留米バスセンター〜一番街商店街・ワシントンホテルプラザ周辺     
    白川・泰平橋・祇園橋電停・ANAクラウンプラザ ホテル熊本ニュースカイ〜普賢寺・東阿弥陀寺町・米屋町、早川倉庫・万町〜五福小学校・浄影寺・西顕寺・浄影寺・西光寺・明教寺・細工町通り・阿弥陀寺・白梅天満宮〜上村元三商店・正龍寺・鳥丸八十七商店〜新明八橋・明八橋・新三丁目御門跡・坪井川・松石パン・木村屋酒店・元祖森からし蓮根〜新町電停・長崎次郎書店・5014AB〜洗馬橋電停・文林堂・船場橋・熊本中央於郵便局〜明十橋・旧第一銀行熊本支店・西唐人町・旧住友銀行熊本支店・石田好古堂    
    金剛山金乗院平間寺、通称川崎大師は正月の初詣参拝客で全国3位、300万人が集まる人気のお寺です。三が日には参道や境内にびっしり出店がならびます。 京浜急行・川崎大師駅〜京浜急行発祥之地・観光案内センター〜大師道・表参道・住吉屋総本店・どらちゃんカステラ・住吉・馬頭観音堂・明長寺・布間提灯店・えぞ丸〜川崎大師平間寺・不動門・大山門・献香所・八角五重塔・大本堂・金剛閣・清瀧権現堂・太子堂〜仲見世通り・松屋総本店とんとこ飴・松屋の飴総本舗・吉田屋・評判堂・松月庵     
    街散歩 水郷柳川(福岡)西鉄柳川駅・西鉄天神大牟田線〜欄干橋・高畑公園・松月文人館・三柱神社参道・川下り乗船場・ドンコ舟〜柳川橋・旭町・本吉屋本店・大松下飴本舗〜大神宮・本光寺・天満神社〜アサヒ醸造・長命寺〜鶴味噌醸造・並倉中棟・檀平橋〜柳川城本丸天守跡・柳城中学校〜柳川藩主立花邸・御花・城南川・竹門橋〜北原白秋生家・恵比須神社・沖端水天宮 フォト散歩     
    武雄市図書館、歴史資料館は2013年に全面改装され、スターバックスを含む蔦屋書店を設置し運営が始まり、開湯1300年の武雄温泉とともに、武雄タウンの中心的ランドマークになります。令和4年には西九州新幹線の開業にともない、南口駅前広場など周辺整備が進んでいます。古くは長崎街道の要衝として賑わった武雄は、新たに西九州エリアの交通ハブ(結節点)として更に存在感が高まりそうです。新幹線開業前の武雄タウンをフォト散歩します。   
    1300年もの歴史を誇る武雄温泉。長崎街道・塩田道は、度重なる氾濫で通行できないことも多く、1705年(宝永2年)に武雄温泉を経由した塚崎道が作られ、1717年にこちらが長崎街道の本道になります。武雄温泉のシンボル、朱塗りの楼門あたりが塚崎宿の本陣跡でした。温泉のある宿場は伊達政宗、宮本武蔵、伊能忠敬、吉田松陰などの偉人をはじめ、多くの人が訪れており、江戸参府紀行には、武雄を訪れたシーボルトが鍋島氏により特別なはからいで殿様湯に入浴した様子が紹介されています。この大理石のタイルは明治17年に改修されていますが、今も同じ浴室が利用できるのは驚きです。楼門と新館は佐賀県出身の辰野金吾の設計(大正4年落成)。明治9年に建築された元湯は、道後温泉本館(明治27年)より古く、現存する日本最古の公衆浴場になります。武雄温泉(本陣跡)を中心に長崎街道塚崎宿を散策します     
    JR久留米駅・まちなか口(東口)・世界一大きいタイヤ・からくり時計・とんこつラーメン発祥の地・青木繁 海の幸・坂本繁二郎 放牧三馬〜水天宮口(西口)・坂本繁二郎生家・武家屋敷・日輪寺山門〜総本宮 水天宮・真木神社・真木和泉守保臣の銅像・山梔窩(くちなしのや)〜梅林禅寺・有馬家菩提寺・梅林寺外苑の梅林・山門・鐘楼・勅使門(唐門)・金剛窟(禅堂)・開山堂・大庫裏・経蔵〜長門石橋・江口長門石江島線〜筑後川・鹿児島本線・九州新幹線鉄橋〜アサヒシューズ・久留米工場〜久留米城跡・篠山神社・久留米大学〜ブリジストン通り(けやき通り)・ブリジストン久留米工場・ブリジストンクラブ・京町第二公園〜JR久留米駅東口     
    「大川内山」は三方を山に囲まれ御用窯が置かれたあ秘窯の里。伊万里の町からは車で15分の距離にあります。   33MB  
    秘窯の里「大川内山」は延宝3年(1675年)から廃藩置県(1871年)まで佐賀鍋島藩の御用窯が置かれました。その藩窯では朝廷、将軍家や諸大名などへの献上する高品位な焼き物が焼かれ、これが世界の至宝「鍋島」と呼ばれております(パンフレットから)。 三方を山に囲まれ、街を伊万里川、権現川が流れる大川内山は、苔の生育にも恵まれた環境で、石垣や道ばたに美しい苔が見られます。     
    JR大牟田駅・西鉄大牟田駅・204号電車〜有明町商店街・年金通り・旧大牟田商工会議所〜早鐘眼鏡橋・慈恩院〜宮原坑・旧三池炭鉱専用鉄道敷・デビーポンプ室の壁・第二竪坑櫓・第二竪坑巻揚機室〜馬込町地蔵堂〜桜町煉瓦造構造物ガード〜万田抗・桜町トンネル第二竪坑櫓〜三池港・旧長崎税関三池税関支署・三池港展望所〜三川坑跡・大浦坑遺址・團琢磨像・三井港倶楽部     
    和銅7年(8世紀)の『肥前風土記』にも記され、古くから湯治場として利用されてきた嬉野温泉は「日本三大美肌の湯」にも選ばれる名湯。江戸時代の嬉野宿は長崎街道と直角に交わる藩営浴場への道があるくらいでしたが、温泉のある宿場町として栄え、伊能忠敬やシーボルトなど多くの旅人たちが立ち寄った歴史ある温泉地です。大正時代にドイツ人の設計で造られた公衆浴場「古湯」は老朽化により取り壊され、平成22年に当時の設計通りに建て直され「シーボルトの湯」として再開されました。シーボルトの湯周辺を散歩します。 長崎街道・嬉野宿・本通り・JRバス嬉野前〜シーボルトの湯(古湯)・タイムズ駐車場(大村屋跡)中川通り〜塩田川(嬉野川)・的場渡跡・嬉野温泉公園・嬉野伝統芸能保存会稽古場〜湯遊広場・足湯・シーボルトのあし湯・野畠通り    
    武雄領主は、現在の武雄高校の位置にあった塚崎城(武雄城)を居城としました。背後には、神功皇后が新羅からの帰りに御船をつながれたことに由来するという武雄のシンボル、標高210メートルの御船山がそびえ立ちます。その御船山の断崖を借景に、茂義が約3年の歳月をかけて1845(弘化2年)に完成させたのが御船山楽園(旧萩の尾園)。15万坪を誇る壮大な池泉回遊式庭園です。 国道34号線・御船山楽園バス停〜御船山楽園・国登録記念物・入園券売場〜萩野尾御茶屋・大池・振り向き坂・大楠・ツツジ谷     
    熊本藩初代藩主、細川忠利が建てた「水前寺御茶屋」に始まりで、1671年に現在とほぼ同じ規の庭園が完成。成趣園(じょうじゅえん)と名付けられました。豊かな阿蘇の伏流水を利用した池と、ゆるやかな起伏の築山が印象的な桃山式回遊庭園。東海道五十三次の景勝を模したといわれます。西南の役で熊本は焼け野原となり、人心の安定と熊本の発展を願って,肥後細川家に縁の深い水前寺成趣園に出水(いずみ)神社社殿を建設。水前寺成趣園は出水神社の所有となります。熊本市電・水前寺公園電停〜水前寺・出水・江津・札所100ヶ所巡り・六番札所・水神さんと鵜渡堰記念石碑〜藻器掘川・水前寺橋・水前寺もち・いきなり団子〜水前寺成趣園・正門・寺本写真場・九州第一号公衆電話〜出水神社・光復・神水(長寿の水)〜見返り橋・稲荷神社・富士築山〜梅散策ゾーン・桜散策ゾーン〜能楽殿・古今伝授の間     
    街散策・フォト散歩 熊本の中心街に上通りがあり、上乃裏通りはその裏通り。以前は車がやっと通れるぐらいの路地裏で、商業地としては注目されていませんでした。1987年に繭蔵を改装したビアレストラン「壱乃倉庫」がオープンし注目を集めます。古い建物や裏通りの魅力を生かした街並みを復活させる事業も進められ、現在は裏路地独特の雰囲気が魅力なエリアとして賑わっています。 ビデオ散歩 フォト散歩     
    祐徳稲荷神社は日本三大稲荷の一つ。鎮西日光と称される総漆塗極彩色の華麗な偉容と、奥の院の山頂からは鹿島から有明海へと続く雄大な眺めを楽しめます。神橋・錦波川・参集殿〜楼門・神池〜御神楽殿・岩崎社・若宮社〜御本殿〜赤鳥居・岩壁社・水鏡・命婦社〜奥の院 フォト散歩    
    肥前浜宿は酒や醤油などの醸造業を中心に発展した地域です。現在も3つの酒蔵が製造を続けており、通称「酒蔵通り」と呼ばれています。浜川を渡ったすぐ近くの「肥前浜宿・茅葺の町並み」も国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されており、有明海の漁業で栄えた漁村集落です。この2つの地区は旧長崎街道多良往還(多良海道)で結ばれており、醸造業で発展した酒蔵の町並みと、伝統的な茅葺屋根の昔ながらの漁村集落という異なる風景を見ることができます。フォト散歩     
    肥前浜宿は酒や醤油などの醸造業を中心に発展した地域です。現在も3つの酒蔵が製造を続けており、通称「酒蔵通り」と呼ばれています。酒蔵通りは旧長崎街道多良往還の多良海道 酒蔵の町並みをビデオドライブします  24MB  
    酒蔵通りから浜川を渡ったすぐ近くの「肥前浜宿・茅葺の町並み」も国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されており、有明海の漁業で栄えた漁村集落です。旧長崎街道多良往還(多良海道)と、伝統的な茅葺屋根の昔ながらの漁村集落をビデオ散歩しました  53MB  
    葛飾区 山本亭 その庭園は米国の日本庭園専門雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』で、2003年の開始以来上位に入っている人気の庭園     
    大牟田駅から近い有明町交差点は国道208号線と重複しますが、国道501号線、209号線、389号線の国道3本の起点の場所。交通の要衝です。その交差点近くに大牟田の飲み屋街「有明町商店街」はあります。通称の「年金通り」は昼からでもお年寄りが飲める優しい飲み屋街から。 若者にも来てもらおうと「人情通り」に変更したものの、長く愛されてきた「年金通り」の名称は復活。長く愛され続ける年金通りを訪ねます     
    志田焼の里博物館は佐賀県嬉野市塩田 この地で1700年頃から志田焼は始まり、幕末には全国に販売されていました。陶土の生産から焼成まですべての工程を敷地内でおこなわれました。現在博物館として一般に公開されている貴重な産業遺産です    
     佐賀県の肥前浜・酒蔵通りは長崎街道多良往還の宿場町大きな酒蔵や武家屋敷が残る通りをドライブします 24MB   
     柳川の水郷はおよそ500km 散歩をしていると川下りの舟が通り過ぎていきます  12MB   
     上有田駅周辺から有田駅までのドライブビデオ 47MB   
    元祖 本吉屋 柳川本店 柳川の名物料理「うなぎのせいろむし」は天和元年(1681年)創業の本吉屋さんが元祖。タレを染み込ませたご飯に、丁寧に焼き上げた蒲焼きと錦糸卵をのせて、せいろでふっくらと蒸したものが柳川のせいろむし。一部が茅葺き屋根の風情ある本店の入口は、石畳と緑豊かな植栽。そこに漂う鰻を焼く煙りで食欲がそそられてきます。席からは冬枯れでも苔の美しいお庭が見えます。席を立っての見学をお願いしたところ、わざわざ下駄履きを持ってきてくださいました。     
    清明文庫は、海舟没後、海舟の墓所や別荘「洗足軒」の保存、海舟に関する図書の収集・閲覧、講義の開催等を目的として、財団法人清明会が昭和8 年に開館(パンフレットから)勝海舟に関する記念館や記念碑、銅像は全国的にもきわめて少なく、銅像は墨田区役所うるおい広場にある(2003年有志、一般からの寄付による)ぐらいでした。勝海舟記念館は2019年9月、洗足池の勝海舟夫妻墓に隣接して開館しました。秋の洗足池を散策します。     
  六義園は造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられておりました。元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、柳澤吉保自ら設計、指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げました  庭園へ行こうHPから 12月最後の紅葉狩りに六義園を苔散歩します     
    動画 陶郷中尾山は400年の歴史を誇る波佐見焼生産地 長崎県道1号線から中尾山へドライブします  28MB   
    波佐見焼の街をフォト散歩 平戸街道の脇往還、波佐見宿は陶磁器街道の中心、交通の要衝でもありました 400年の歴史を誇る陶磁器の街をフォト散歩します     
    中尾郷で波佐見焼が焼かれて400年 世界最大の登り窯跡には大量のベンザラが見つかります 波佐見焼は江戸時代に大量生産を確立し、現在も全国三位の生産量を誇ります 注目される波佐見焼の工房を訪れ、お話を伺いました     
    400年間、波佐見焼生産の中心地として歴史を誇る中尾山地区 江戸時代からそれほど変わらないであろう路割り 路地裏フォト散歩      
    熊本市電 トラム動画 新町電停と上熊本電停をビデオ散歩   動画あり  
    熊本の中心街に上通りがあり、上乃裏通りはその裏通り。以前は車がやっと通れるぐらいの路地裏で、商業地としては注目されていませんでした。1987年に繭蔵を改装したビアレストラン「壱乃倉庫」がオープンし注目を集めます。古い建物や裏通りの魅力を生かした街並みを復活させる事業も進められ、現在は裏路地独特の雰囲気が魅力なエリアとして賑わっています。  23MB   
    苔散策・街散歩 長崎県波佐見 波佐見焼磁器の始まりは三股地区の砥石川で陶石の発見に始まった フォト散歩     
    街散策2020 動画 熊本市電 上熊本電停から新町電停、洗馬橋電停、辛島町電停、水前寺公園電停、祇園橋電停など  76MB   
 
 
山苔 ホソバオキナゴケ 細葉翁苔
コスギゴケ、コウヤノマンネンゴケ、カサゴケ ハイゴケ、ヒノキゴケ、カサゴケ